製品事例 3Dプリンター

製品事例

ホーム > 製品事例一覧

3Dプリンター

3Dを熟知した優れた凝固技術を駆使した3Dプリント技術。

バーチャルでは感じることの出来ない質感、臨場感。
20年前と比べて光造形は向上したものの、カラーリング処理するには時間(手間とコスト)がかかる・・・
スピード、コスト、カラーリングのバランスを考えると『粉体積層型RP造形』です。
イメージしたものが、その日のうちに色付きでカタチになる。
スクリーン上で納得するまで拘ったディティールでもカタチになってみるとイマイチ気に入らない部分が見えてくる。
安価な製品でもデザインのクォリティーや風合いのランクアップで価値が変わる。日本製品の脆弱な部分です。
極論すると、素材や加工技術に加えて、色のボリューム、バランス、コントラストそして、カタチ
その総合された製品が持つチカラを、一流、二流、三流とエンドユーザーは格付けします。

3Dを熟知していないとRPは使いこなせない、優れた凝固技術を確立しなければ粉体造形は満足できません。
2DCAD/CAM、3DCAD、3D計測など情報伝達手段に1984年から拘り、また、モノ造りに対する永い歴史が妥協のない混合凝固技術を生みました。

お問い合わせ、ご相談はお気軽にどうぞ。TEL.045-471-5355。お問い合わせフォームはこちら。